movie@RAG
映画をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
誰も見たことのないビートルズ。ドキュメンタリー映画「EIGHT-DAYS-A-WEEK-The-Touring-Years」の魅力

誰も見たことのないビートルズ。ドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」の魅力

前回の記事で、ビートルズの楽曲の素晴らしさは、「まず皆さんご自身の耳で実際に聴いて確かめてもらうのが一番です」と申し上げました。

今回は、まさにそれに相応しいといえる映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」を紹介したいと思います。

この映画はビートルズのデビューから絶頂期までを描いたドキュメンタリーで、2016年9月22日から全国で一斉にロードショーされます。

EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years

なぜビートルズが今なお愛され続けるのか?

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」

http://thebeatles20160922.tumblr.com/

「論より証拠」とはまさにこのことです。

これをご覧頂ければ、なぜビートルズが全世界で絶大な人気を集め、今なお愛され続けるのかを知ることができます。

ドキュメンタリー映画なので、彼らのサクセスストーリーを事実に基づいて忠実に描いていることは明らかです。

しかも、そこでは素材として過去の映像が使用されていますから、後は監督がいかにそれを構成するかに掛かっています。

これが宣伝用のPVです。

これを見ただけでも当時の熱狂ぶりが伝わってきます。

で、その気になる監督は誰かというと……何とあの「ダ・ヴィンチ・コード」「アポロ13」「バックドラフト」などハリウッドで大ヒットを収めた作品を制作し、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞監督賞を受賞したロン・ハワードなのです。

その完成度の高さは保証されていると考えて間違いないでしょう。

ビートルズにまだ興味のない方にこそ観てほしい

そしてこの映画はビートルズファンはもちろんですが、むしろビートルズにまだ興味のない方にこそご覧頂きたいのです。

なぜなら、この映画はビッグアーティストになりたいと渇望し、毎日ひたすら練習とステージに明け暮れ、貧しいけれども夢と希望を持ち、若さと才能にあふれた若者たちの輝かしい青春群像劇として十分に楽しめるからです。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面1

彼らがアマチュアバンドからスタートして、長い下積み時代を経てレコードデビューするやいなや、瞬く間にスターダムに駆け上がっていく様子を当時の映像を基にドキュメンタリータッチで描いています。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面2

彼らの楽曲は、その斬新さ、発想の大胆さ、キャッチーでポップなサウンド、美しいコーラスでたちまちイギリス中の若者たちを熱狂させ、モップトップと呼ばれた奇妙なヘアスタイルとスタイリッシュなスーツ姿とともに鮮烈なイメージを大衆に焼き付けました。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面3

イギリス国内で大成功を収めた彼らは、アメリカへ渡り、当時の人気テレビ番組エド・サリヴァン・ショーへの出演をキッカケに、全米さらには全世界を熱狂の渦に飲み込んでいきました。

当時のライブの熱狂振りは想像を絶するものがあります。

ビートルズが持っていた武器は、現代とは比べ物にならない貧弱な音響装置であり、ジェット機のエンジンを全開にしたかのようにライブ中に続く観客の絶叫の前には蚊程の力もなかったのです。

しかも、その当時は自分達の出したサウンドを返すシステム、つまり、ステージの足元に返しのスピーカーを置く習慣がありませんでした。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面4

つまり、今では信じられないことですが、彼らは自分達の出したサウンドがほとんど聴こえていない状態で演奏を続けていたのです。

しかし、過酷なツアーを何年も続けているうちに彼らは疲れ果て、やがて一切のライブを止めてスタジオでのレコーディングのみに集中することになります。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面5

彼らはここでアイドルからビッグアーティストへの一大転換を果たすのです。

ビートルズのドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」場面6

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます