movie@RAG
映画をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【ハリー・ポッター】シリーズ歴代の主題歌・テーマ曲

世界的に人気がある魔法青春小説「ハリーポッター」シリーズの映画版を彩る楽曲を集めました。

魔法が存在する世界や、闇の魔法使いの脅威などを表現する少し緊張感のある曲がとても魅力的で、聴いているだけでその世界観に入り込むことができると思います。

もくじ

【ハリー・ポッター】シリーズ歴代の主題歌・テーマ曲

ハリー・ポッターと賢者の石

Hedwig’s ThemeJohn Williams

劇中のプロローグとして楽曲の冒頭から、原作の世界観を忠実に再現しています。

魔法を題材にした映画の始まりを予感させるその雰囲気はどこかミステリアスでですそして、さまざまなアレンジが加えられながらも、全シリーズを通して登場する一番人気の楽曲です!

ハリーポッターと言ったらまず思い浮かべる曲は、このヘドウィグのテーマといっても過言ではないのではないでしょうか?

ハリー・ポッターと秘密の部屋

The Dueling ClubJohn Williams

魔法学校ホグワーツで、ロックハートが決闘クラブを開くと宣言。

スネイプを助手として決闘相手に指名するもあっさりと倒されてしまう。

負け惜しみを言いながら立ち上がるシーンはクスっときてしまいますね。

その後のポッターとマルフォイの真剣なやり合いも、なぜだかかわいく感じてしまいます。

緊張感とコミカルさ。

そんな相反する雰囲気を漂わせる一曲です。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

ObliviateAlexandre Desplat

第7作目「死の秘宝Part1」の序盤のシーンで使用されたサウンドトラックです。

この曲が使われた場面は、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人がそれぞれの家族と離れる決意をする悲しいシーン。

とくにハーマイオニーに関しては、両親に対して忘却術をかけるという、とても切なく悲しいシーンです。

悲しさと決意の強さを表したようなムードの楽曲です。

ハリー・ポッターと賢者の石

The Norwegian Ridgeback and a Change of SeasonJohn Williams

第1作目となった映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の中で、新学期から冬に移り変わる場面で使用された楽曲です。

まさに「厳しい寒さ」を表現したような雰囲気で、雪が降る情景にとても良く映えます。

主人公たちが新天地、ホグワーツの景色にもようやく慣れたところで、別世界のように一面が雪景色になるシーンですね!

そしてこのサウンドトラックが雪のホグワーツの景観もとてもきれいだと感じとれるように演出しています。

ハリー・ポッターと賢者の石

Harry’s Wondrous World(ハリーの不思議な世界)John Williams

一気に原作の魔法の世界へ引き込まれていくような魅力的な曲です!

わくわくするような映画の世界観を伝える演出を強く意識しています。

ハリーが魔法の世界をはじめて目の当たりにした時の曲で、その衝撃を描いたシーンの雰囲気にもとてもマッチしており、見ている側もエキサイトしてしまいます!

あなたは覚えていますか?

第一作目の中でのでき事です。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

Gilderoy LockhartJohn Williams

ホグワーツ魔法学校の教師ギルデロイ・ロックハート。

勲三等を授与されるなど輝かしい功績を持つ作家でもあります。

そんな輝かしい人生を送っているはずの彼のテーマ曲なのに、なんだかほの暗い感じがしませんか?

実は彼、魔法で他人の記憶を消して、功績を横取りするペテン師だったのです。

なんという小物感!

そんなロックハートの小ズルさと、ちょっぴり滑稽な感じが表れてますね。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

Knockturn AlleyJohn Williams

煙突飛行粉を使ってダイアゴン横丁に行こうとした主人公ハリー。

行き先の発音があいまいだったために闇の魔術に関する物ばかり置いてある夜の闇横丁に着いてしまう。

怪しい品物に怖い魔法使いたち。

怖い!

「ここ……どこ?」という心の声が聴こえてきそうな冒頭部分から、運良く目的地に戻れたときのホッとした感じで終わる。

ハリーの心の動きがそのまま表れたような一曲です。

ハリー・ポッターと賢者の石

Entry into the Great Hall and the BanquetJohn Williams

新入生たちが上級生たちとはじめてバンケットで出会う場面で使用された1曲です!

この中の世界では寮によってチーム分けされます。

各々が3つのチームに分かれ、各チームで切磋琢磨するという設定です。

上級生たちとあいさつをしたり、食事をしたり。

親睦会や新入生歓迎パーティーですね!

ハリーはグリフィンドールの寮に配属されます。

ハリー・ポッターと賢者の石

Platform Nine and Three Quarters and the Journey to HogwartsJohn Williams

急いでホグワーツへと向かう汽車へと駆け込むシーンで使われたのがこの楽曲です。

なんともおもしろい設定ですが、魔法の世界へと橋渡しする9と3/4番線は通常、普通には立ち入れず、壁に向かって走っていかなければなりません!

これをはじめて経験するハリー・ポッターたちはとても不安そうに走り出します。

そして、その中に入ると魔法学校行きの電車が待っていて、後に親友となるロンやハーマイオニーたちと出会います。

焦燥感を高めるムードたっぷりのサウンドトラックですね!

ハリー・ポッターと賢者の石

Christmas at HogwartsJohn Williams

そのタイトル名のごとく、ホグワーツで過ごす、はじめてのクリスマスのシーンで使用されたサウンドトラックです。

もちろん記念すべき第一作目「ハリー・ポッターと賢者の石」の中でのシーンです。

楽曲の中頃で聴き取れるささやくような歌声は、ホグワーツに住み着いた幽霊がクリスマスのお祝いモードに釣られ、浮かれて歌っています。

ホグワーツのクリスマスは、生徒だけでなく、幽霊にとっても楽しいひと時なのかもしれませんね!

おすすめの記事あわせて読みたい